改正FIT法でフェンスを設置しなくてもいい場合

FIT法の改正で、フェンス(柵塀)の設置が必要になりましたが、設置しなくてもいい場合があるようです。

(参考)
改正FIT法
法令集・契約関係
事業計画策定ガイドライン(太陽光発電)
FAQ


事業計画策定ガイドライン(太陽光発電)とFAQでは、以下の場合はフェンスを設置しなくていいことになっています。

・柵塀等の設置が困難な場合
 (屋根置きや屋上置き等)

・第三者が発電設備に近づくことが容易でない場合
 (塀つきの庭に設置する場合)
 (私有地の中に発電設備が設置され、その設置場所が公道から相当程度離れた距離にある場合等)
 (河川や崖に面した場所に設置する場合等)

・ソーラーシェアリング等を実施し、柵塀等の設置により営農上支障が生じると判断される場合
 ただし発電設備が設置されていることについて注意喚起を促す標識を掲示すること。


ポイントは、

第三者が「容易に」発電設備に近付いて触れることができるかどうか。

ということのようですので、そのような状況になければフェンスは必要なさそうです。
ただ、「容易に」というのが、どの程度の容易さなのか、よく分かりません。

公道から単に手を伸ばせばパネルを触ることができるような場合は、明らかにNGだと思いますが、
例えば、草むらをかき分けて入っていけば、パネルに触れる場合はどうなのでしょう?

私有地の中に発電設備が設置され、その設置場所が公道から相当程度離れた距離にある場合等
の「相当程度離れた距離」も、どの程度の距離なのか?

これらの判断によって、フェンスの必要量が結構変わってくる場合もあると思います。


この辺について、問合せ窓口に質問しようと思ったのですが、全然電話がつながりません。
もう少し、電話がつながるようにしてほしいです・・


↓↓ クリックをお願いします ↓↓
スポンサーサイト

  1. 2017/05/19(金) 12:05:39|
  2. フェンス
  3. | コメント:2
<<スティックPCの遠隔監視装置・・・順調です | ホーム | 除草剤を散布して1週間>>

コメント

solar24さま

判断が分かれるような規制であれば、設置者自身の判断で第3者とトラブルにならないように配慮すればいいんじゃないの。
直ちに認定取り消しにもならないでしょう。

そんなに文面にこだわって要否をシビアに考えなくてよいのでは。

それから、設置者IDでも事業計画提出できるようになった模様。
Q&A(faq.pdf)によると

第5版 2017/5/15掲載 追加2-1-1 参照
2-1-1
質問
旧制度での費用報告用のログインID・パス ワードで手続をすることは可能ですか。
回答
従来、費用報告用のログインID・パスワードでは手続できないこととなっておりましたが、費用報告用のログインID・パスワードで手続いただけるようになりました。

との記載がありました。

まだしっかりアナウンスされていないようだし、費用・年報報告もシステム改修中で、本当にいけてないですね。
  1. 2017/05/19(金) 18:47:47 |
  2. URL |
  3. まっくんち #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。
フェンスはなくてもよさそうな場所なので、FIT法のために設置するようなものなのです。
なので極力簡単にしたいのですが、どうしようかと思っている最中です。
それにしても、説明も準備も良くないですね・・
  1. 2017/05/19(金) 20:16:11 |
  2. URL |
  3. solar24 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する